ラブホとシティホ

リノベーションは常に、方向性で意味合いが異なります。

ラブホに窓はほとんど必要ないですし、

シティホには景観がある程度必要です。

 

今時エアコンのないホテルは(狙いでない限り)あり得ないですし、

バスルームはもちろん必須です。

 

デザイナーセンスの物件は、ラブホも

シティホもほしいところ。

ラブホとして維持し続けるならなら、

風営法に配慮し続けなくてはなりませんし、

シティホとして機能させるなら旅館業法に違(たが)わないように

リノベーションしなくてはなりません。

 

 

どちらにするにせよ、建築基準法、消防法に配慮したリノベーションが必要ですし、

法律にはできるだけ沿うようにすべきです。

そこにさらに入り込んでくる民泊に関する法的整備。

客層を広げる?

変える?

費用対効果も重要な要素です。

郊外型か都市型かで、駐車場の有無大小、数も決まってしまいます。

 

よし、リノベーションしよう。

 

そう考えたら一にも二にも、方向性が大事です。

 

余談ですが。

ハッテンカの友人の見聞です。

 

テリー・ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」で

多様されていたエアシューターのメッセージチューブ。

あれをおいているラブホがその昔、愛知にあったそうです。

請求書がフロントから届き、代金をこちらからシュートする。

他では新聞社でしかみたことがないそうです。

 

かっこいいので今もあるといいなあ、なんて言っていました……

 

タイトルとURLをコピーしました